雨の中、取材決行!

16年9月8日 木曜日

今週は毎日雨でイヤになりますね。
家の中にはアリンコが入ってくるし湿気ムンムンだし・・・

オレッチと言えば、3日間頂いた取材予定日が悪天候でことごとく中止になり残りは8日だけになりました。
コロコロと変わる予報にイライラもんですよ。

その8日も朝から大雨・・・

しかし、降水確率を確認すると18時から30%とぐ~んと落ちる。
この時間帯を狙うしかない!

釣王国の編集長と午後5時頃ポイント到着予定で自宅に迎えに来てもらいました。

ポイントへ到着して唖然!
ポイント 
この海が真っ赤に染まっている!
大雨で赤土流出・・・しまっつたぁ~。そこまでは頭になかったよぉぉぉ。
雨とか雷とか風とかは気にしてたけど久々の雨続きで赤土流出までは考慮してなかったわ!
こうなれば、急激な水温低下とか水潮とか酸素足りてるの?なんて悪条件だけが頭に浮かぶ。
通常ならば諦めてしまうんでしょうね。
しかし、オレッチは真っ赤な海でカーエーを釣りあげた経験があるので、取り合えず魚の反応を見てから後の事は考える事にしました。

小雨の中、仕掛けを組みネリエサで1投目…反応なし!汗。
続きましてオキアミ・・・ん!エサが無い。
もう一度オキアミ…仕掛けが馴染む前にエサは取られている様子。

魚の反応あり!ちゅう事で本腰を入れる事にしました。

オキアミは持ち合わせが少ないのでネリエサで様子見して食わせにオキアミを使う作戦。
ひたすらカーエーが入ってくるのを待ちます。

ネリエサを使い続けていると反応のなさに不安になりオキアミを使うと秒殺。笑
魚が居られる状態である事を確認。

そうんな事を繰り返し夕暮れ時・・・

ネリエサにかすかな反応が・・・居るのか?
付けエサをオキアミに付け替えて投入。
仕掛けが馴染むとチョコンと入るウキ。
ビシっ!と合わせるとヒットぉぉ~。
すんなり上がってきたカーエーは30㎝程度の小物でした。
こんな海でも釣れるんですねぇ~。
しかし、今日はこのサイズか?やっぱ大型は動かねぇ~のか?
それから辺りはすっかり暗くなり夜釣り突入。
夜になると赤土関係なし、見た目はいつもの海です。笑

相変わらず雨は降ったりやんだり、おまけに遠くで光ったりなかなか釣りに集中できません。
とうとう帰り時間を相談する始末。笑
午後9時までにアタリがなければ帰ろうと言う事になりましたよ。涙
でも、オレッチには密かに待っているモノがあったのだ。
伊達にテスト釣行をしているわけでは無いちゅうことよ。笑
9時までにそいつが見えなければ諦めもつく!(赤土で見えない可能性もあるのだが・・・汗。)
それは夜光虫!
これが海面で光始めたらここのポイントは活性が上がる。のだ!
そしてその時がきました。
ポツポツと光りはじめた夜光虫を確認して、棚を測り直しネリエサの仕掛けで投入。
仕掛けが馴染んでミライトが海中へ引き込まれ鈍く光る。
すかさずビシッと合わせると最初の1枚目とは比較にならない重量感。

デケ~の来た!

しかし、ひと走りで痛恨の鈎はずれぇぇ・・・ショック。

大きかったのによぉぉ・・・。

鈎先が鈍っていたのか?新しいのに交換。
諦めムードが漂っていた現場も盛り上がる。

そして連続ヒット!
これは・・・1枚目と同様にすんなり上がってくる。
小さいけど確実に先ほどの死の海とは違う。
夜光虫ジンクスはホンモンだね!

そして数分後、アタリ!
合わせを入れると今日一の重量感。
余分な糸ふけは取ってあるつもりなのに意外な距離を竿ごと持っていかれる。
止めた!
と思った瞬間根擦れでアウト。
ひぇ~・・・何もできなかった。

それからアタリなし!
9時には帰ろうの話が結局11時までやっていました。笑
9月8日の釣果 
結局、小さいの2枚の釣果。
大型のアタリがあっただけに悔しさが残るので
泣きの再挑戦を編集長にお願いして受理されました。笑
次回は、反省点を見極めてデカイヤツ釣ります。


・・・たぶん!


竿    ダイワ バトルカーエー4号

リール  ダイワ 尾長モンスター

ウキ   ガルツ SPARK 1

道糸   リミテーション磯 CXフロート6号

サルカン NTパワースイベル -5B相当

ハリス  シーガー シーガー7号

鈎    がまかつ 伊勢尼12号カン付






スポンサーサイト
プロフィール

キセキレイ

Author:キセキレイ
男に厳しく彼女に甘い!
それでもオレッチはガルツのテクニカルスタッフです。
老体に鞭打って今日も海へと向かうのであった!
釣れればいいけどね・・・汗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ