スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんじゃこりゃ~!!

前日、都合上により行けない。と、編集長から連絡があり取材は中止になりました。

まっ、もともと島に渡るつもりだったのでこの日はテルテルさんと上陸いたしました。

北風も弱くなり、オレッチの想像ではベタ凪・・・今日は、何枚釣れるかな?イヒヒヒッ

みたいな事を・・・
HI3G0021_20100928201757.jpg 
な、なんじゃこりゃ~!!

うねりすげぇ~!!

HI3G0020_20100928201936.jpg  

う、う、濁りでなんも見えん!!

天気もいいのになんでやねん??

こりゃ苦戦するな~と、テルテルさんも同意見。

渡ったからには、竿を出さねば・・・

座りの悪いウキで、ごまかし、ごまかしやってますと・・・
HI3G0022_20100928202319.jpg  

こんなのが釣れたり、アイゴ類など数枚・・・しかし、本命のアタリがない!

潮の流れの速い場所や悪天候を嫌うカーエーなのでアタリがないのもしょうがないか!

そして、午後4頃、テルテルさんにアタリが・・・

「カーエーじゃないよ、引かないのに・・・。」

当り前さ~、魚はあんたに向かって泳いでいるのに・・・

魚は、右のオレッチの方へ方向転換、足元の根に潜ろうとしている。

「カーエーやしぇ~!とめて、とめて!」と、叫んだら

外れてしまいました!

余裕かましているから~

それからアタリもなく、しびれを切らしたオレッチは、いつもと違うわりと穏やかなところへマキエサをして

仕掛けを投入したら・・・ウキがピコピコ・・・軽く合わせると・・・どっギュ~ン!と、いきなりトップスピードで沖へ

プッツンと高切れしてしまい、ウキがフワフワと流れていきます。
HI3G0023_20100928203149.jpg 
ああああっ、2人ともアタリも少ないのにばらしてしまった!!

夕陽が泣いてるぜ・・・泣き
HI3G0024_20100928203301.jpg 
はやく迎えに来てくれ~・・・

今日は取材じゃなくて良かったニャ~!

スポンサーサイト

取材?

明日の釣行は取材になるかもしれない。

AURAのサンバイザーが有ったほうがいいのかな~・・・?

注文はしてあるけど・・・こないやしぇ~!

・・・そこで、ステップ具志川店へ

まだあればいいけど・・・

しかし、まだまだ暑いからサンバイザーはキツイだろうな~!!

なんて、思っていたら・・・

この季節、サンバイザーよりいいやしぇ~!!

HI3G0018_20100926140346.jpg 

AURAキャップ入荷してました!

サンバイザーは、すでに注文してあるのでダブル事もないし

残暑はキビシイので一石二鳥ですな!

良かった!良かった!

浮原パート2

今日も、浮原へ行ってきました~!

前回とは違って北風が強く、ウネリもあり!
HI3G0013_20100924224101.jpg  

風はどうにかなるけど・・・このウネリは・・・苦戦しそう
HI3G0014_20100924224134.jpg  

ウネリで、ウキが持っていかれる~汗

ぐぅえ~!藻の大群がやって来た~・・・汗

ありゃ!こんなの釣れました・・・3匹!笑
HI3G0015_20100924224210.jpg  
ムラサメモンガラ・・・モンガラハギの仲間ですね。
HI3G0016_20100924224243.jpg  
今日、2枚目のカーエー・・・40㎝ジャスト!

今日の釣果は2枚です。

足元で1回のバラシ・・・トホホホ

HI3G0017_20100924224318.jpg  

今日は、ウネリ、強風、藻の大群に苦戦しました~!汗

浮原・・・地獄の様な炎天下

昨日は、職場から直行(睡眠不足)と、長時間太陽に照らされて著しく体力を消耗しダウンしておりました。

取り急ぎ写真だけは日記にUPしましたが、これから昨日の様子を細かく書いてみようと思います。

つたいな長文になりますので覚悟してお読みくださいませ~!

浜比嘉島

例のごとく、午前8時職場から直行で渡船がある浜比嘉島へ向かう。
以前は、浜比嘉島も離島でしたが、今では立派な橋ができ陸続きとなっております。
1時間ほどで港に到着。
そこで、ここの住人でもあるテルテルさんと合流。
早速、荷物を小舟に(6メートルくらい)乗せます。
船頭は松本さん。
ここら辺の海を知り尽くした海の暴走族です。
乗ってる人が冷や汗が出るくらいの浅場を猛スピードで走り抜けます。汗

上陸

浮原は港から15分の場所にあります。
無人島ではありますが、自衛隊の訓練施設で主にヘリコプターの離着陸訓練などに使われます。
HI3G0005_20100923165542.jpg  
間もなく上陸です。
御覧の通り、今日はベタ凪に近い状態で透明度も高く
魚の警戒心が高まる状態ですな!・・・汗
上陸すると最初に避難場所の設営。
簡易テントを張ります。
HI3G0008_20100923165621.jpg  
写真は、テントとテルテルさん。
水分も十分持ってきたし、これで暑さ対策は十分です。

今日の作戦

HI3G0006_20100923165728.jpg  
ここがいつものポイントです。
少しくぼんだ砂地にゴロタ石が点在する狭いところです。
二人だとこの狭い範囲を窮屈に攻めるのですが
今回、そこはテルテルさんに譲って、オレッチは浅場狙いに徹する予定。
水深の差は、80㎝~1mありますか?
HI3G0007_20100923165820.jpg  
ここがオレッチの釣り座、いつものポイントはすぐ右側にあります。
今日は、写真に写っている浅場狙いに徹する予定。
写真を写した時点で1mチョイの水深。
海底の所々に写っている黒い物体は、釣り座の様な鋭いトゲトゲした岩などに藻が付着したもの。
初めに、いつものポイントへマキエし魚を集めます。
しかしながら・・・活性が悪いのか思ってたより集まりが悪い。
内心、「悪い日に来たな~汗」と思いつつマキエサを続けます。
テルテルさん、しびれを切らし仕掛けづくり。
オレッチは、ヤル気ゼ~ロでマキエサを打ち続けます。
テルテルさん釣り開始、一番深い場所へ棚を合わせます。
しばらくすると、やっとカーエーらしい魚影が1枚。
来たか!!
オレッチも急いで仕掛けを作ります。

今日の仕掛け

竿     ダイワ メガディスハイパー1.85号
道糸   ファーストステージ4号
ハリス  Vハード3.5号
ハリ   ササメ貫通カーエー12号
エサ   テルヤ釣り具のネリエサ
ウキはAURAラウンド1号に昼夜アダプターを装着、簡易カン付き仕様。
オモリ、サルカンはウェイトスイベル-2B、ハリスにガンダマBの鈍感仕掛けとなっております。
事前情報では、ハリスを見るらしいと聞いてましたので3.5号からスタートしました。
普段はハリスの太さなど気にしないのですが、こんな場所も時々あります。

ファストコンタクト

やっとカーエーらしい魚影が見えるものの居つきが悪い。
「何処かに溜まっている(カーエーが)場所があるはずよ~。」
と、声をかけ・・・
すると、テルテルさんが奥の駆け上がり付近に魚影を発見。
「あれ、カーエーじゃない?」
「おお、カーエーだ!」
テルテルさん、仕掛けを投入するのに躊躇する。
深い場所に棚をセットしているので根がかり必須。
テルテルさんのテリトリーではありますが、浅棚設定のオレッチが仕掛けを投入。
成り行きを二人で眺めていますと・・・
ウキの隣にカーエーが浮いて来まして、ウキが微かにシモリ・・・
ビシッと合わせると
ヒット~ッ!
縦横無尽に暴れまわるカーエーを二人で眺めながらのやり取り。
鮮明に見えるので楽しいです。
力尽き、竿の弾力で徐々に浮いてくる様を見られるのも昼釣りの醍醐味です。
って、もう力尽きたと油断して余裕こいてたら、いきなり反転してフワ~ッと軽くなる???
外れた~!
しまった~・・・推定で45㎝はありそうなビックカーエーだったのに・・・
二人とも唖然!
テルテルさん、「45㎝はあったのによ~!」
気を取り直して、同じところへ仕掛けを投入。
ばらしてから1投目、ウキがチョンと沈み合わせると・・・
またまたヒット~!
ギュ~ンと走りだすと・・・外れた・・・汗
テルテルさん、「2連ちゃんな!」
面目ない・・・汗

通り道を探せ

それからアタリが遠のき、カーエーらしい魚影も見えなくなりました。
それならば、超遠投で・・・
釣り座から20m離れている付近に、根が点在していてその前に広場のようないかにんもカーエーが好みそうなスペースがありました。
そこへ、マキエサをまきしばらく放置。
頃合いを見計らって、眺めていますと
ボラの様な魚影が・・・
「カーエーかな?ボラかな?」
とりあえず、仕掛けを投入。
すると、ウキの着水音で魚が四方八方に散り、勢いで海底の砂が舞い上がる。
そこまで見えるほど浅いので着水音で散るのもしょうがない。
またマキエサをしてしばらく放置。
時間にして10分程度か?
またまた集まってきてます。
さっきの散り方を見てますとボラではないようなので(ボラだと同じ場所に散る。自分的には食い意地の張ったボラが散るか?と思っている。)
少し考える。
ウキを小粒に変えるか・・・それとも、もっと遠くへ投げて寄せてくるか・・・手っ取り早く後者で・・・笑
遠くへ投げて寄せてきます。
魚はその左側へ・・・
遠くへ投げて左側へ寄せます。
魚はその右側へ移動・・・こいつらわかってるな・・・汗
・・・それならば、潮流れの下の方にマキエサを打ち、ゆっくりながれに乗せて寄せて行く、ならどうよ?
ゆっくり流れに乗せて寄せていきます。
マキエサのポイントに近づき・・・通過??あれ~?
もう少し様子を・・・
すると、ウキがチョコンと沈み合わせると
ヒット~っ!
この引き、間違いなくカーエーです。
HI3G0009_20100923165928.jpg  
やっと、1枚目のカーエーゲット~40㎝くらいか?
テルテルさん、「流石に3回目は捕ったな!」笑
深場のポイントは、魚が寄っていないと判断し、テルテルさん移動。
しかし、アタリもなく・・・まっ、着水音が2倍になったのでカーエーも同時に移動したかと・・・
テルテルさん、もとの場所に帰る。笑
オレッチは、絶対近くにいると確信しているので竿を置き、海底を観察。
すると、アタリが有った場所とテルテルさんの深い場所の中間あたりでウロウロしているカーエーを発見。
こいつら、浅場と深場を行ったり来たり、のらりくらりと移動しているのか!
ついに通り道発見!ニヤ~リ
仕掛けを遠投、通り道と思われる付近を潮に乗せて流す。
数投目でヒット~!
以前にも増して凄い引き~ッ。
苦戦しているオレッチにテルテルさん、「デイカイの?デカイの?」と、聞いてくる。
応える余裕はありません!爆
なんとか走りを止めて、寄せに入った時、藻の中に突進。
ライン切れ??藻の下は岩なのか!
残念!
アタリが有ったのでテルテルさん、またまた浅場へ移動。笑
しばらくしてもとに戻る!爆
オレッチ、通り道と思える所を断続的に探っていたら
ヒット~! HI3G0011_20100923170005.jpg 
本日、2枚目のカーエーをゲット!
一枚目と同サイズか?

西日が・・・暑い!

干潮から上げ潮にかわり、浅場ではアタリが無くなりました。
だんだんとテルテルさんのポイントへ魚影が集まって来ます。
そう言えば船頭さんが、潮が満ちてくるとアタリが遠のくと言っていなた~汗!
魚影は濃くなってもテルテルさん、アタリが無い模様。
水位も上がってきて海底の様子も分かりづらくなっていきます。
それにしても、真昼間の暑さも気にならなくて、「今日は、余裕だな~!」と、ほざいていたのですが・・・
西向きの釣り座、日が傾き西日が直接当たるようになってからは辛い。
少し動いただけで息が切れる。
満ち潮と重なって海からの照り返しもキツイ・・・
アタリもないのでなおさら暑さが増す。
ウキも逆光で見えないし・・・
テルテルさん、暑いのか?どうなのか良く分からない。笑
相変わらずマイペースで釣りをしてます。
オレッチ、水分補給が倍増です。汗
今までの経験では、夕方は足元にカーエー寄ります。
遠投ではもうアタリが拾えなくなってますので、近くに寄っているのでは・・・
逆光で遠投してもウキが見えないし、足元狙いに変更。
太陽の角度が変わり、逆光もなくなったころ、足元狙いのウキに変化が・・・
巻きあげて確認すると、エサが無い。
海底を覗き込んでも魚影は見えないし???
いるのか?
それから数分後、ウキに微妙な変化・・・
巻きあげてみると、エサは半分付いている。
それには、真っ直ぐな歯型が・・・こ、これは超デカカーエーだ!
(カーエーの歯型は、綺麗な弧を描くように入りますが、巨大だとそれが直線的になります。)
足元に姿は確認できないが確実に巨大なカーエーが居る。
マキエサをぱらぱらと静かにまく、仕掛けを静かに垂らす・・・
ウキがピョコンと沈む!
ウリヒャ~と、気合いを入れて合わせる・・・

スカ!

なんど合わせても乗りません。
手強いの~!

そろそろ納竿の時間。
最後の1投と言いつつ何投目か?爆
超ヘビー級のカーエーには相手になれず時間になりました。

片づけ

テルテルさん、片づけしつつも海底の様子が気になるらしく
時折、覗き込んでおります。
すると、「キセキレイさん、いっぱい入っているよ~!今からがいい時間なんだねぇ~!」
オレッチも一緒に覗き込むと、やっぱ足元にいっぱい集まってきてます。
しかし、時間ですので・・・泣き

テルテルさん、1枚も釣れなかったので未練タラタラです。汗
次回は是非夜釣りで!
ちゅう事になりました。笑
HI3G0012_20100923170045.jpg  
今回の釣果は、残念ながら40UPとはいかず、39㎝止まりとなりました。
5回のヒット、2回のハリ外れ、1回のハリス切れ

次回は、掛けた分全部釣りあげたいと思います。

渡船名 松風  船頭 松本さん 連絡先 09037927721
  

夜、フカセで

昨夜は、あらまんださん、Oさんと一緒に夜釣りへ行ってきました。

オレッチ、フカセ!

狙いは、カーエーどす。

上から1ヒロ・・・

満潮時、ヒット・・・小さい!泣き

あらまんださん、バラシ

Oさん、 バラシ

みんな1回ずつのアタリなんだけど・・・竿の曲がり具合からして

オレッチのカーエーより大きそう・・・やっぱ、大物は底狙いか!爆

フカセカーエー 

30センチくらいじゃ!

プロフィール

キセキレイ

Author:キセキレイ
男に厳しく彼女に甘い!
それでもオレッチはガルツのテクニカルスタッフです。
老体に鞭打って今日も海へと向かうのであった!
釣れればいいけどね・・・汗。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。